HOME>医院ブログ

医院ブログ

イチロー4000本安打達成!!
達成後のインタビューで50歳まで野球を続けることをきかれ
年齢に対する偏見がなければ可能だと思うと発言していたようです。
あらためて凄いです、イチロー。
それならこちらも5000本目指してがんばれー!! と言いたいです。
投稿者 中の橋デンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
イチロー日米通算4000安打まであと12本

イチロー選手にとっては地区優勝こそなによりの打撃へのモチベーションになるのですが
今シーズンは難しそうですね。チームの優勝への結束力さえあれば、イチローの成績も
大きく違うものになると思うのですが...。自分としてはいつもなんとか3割を打って欲しいとおもっています。
もちろん4000安打ってすごすぎる記録ですけれど、今のイチロー選手に3割打ってもらうほうが完全復活!!
という感じでうれしいです。 でも4000本ももちろん応援しますよ! みなさんはどうですか?

投稿者 中の橋デンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科用CTを導入して今思うこと...
H25.06.28 歯科用CTを導入いたしました。移転の時(H14年)に導入したデジタルレントゲンもその当時はもちろんすばらしいものでしたが、この10年間の医療用デジタルレントゲン機器の進歩もめざましいものがあり、いまや0.1ミリ四方、立法を見れるようになっています。
歯科において一番大事なことは診断であり、最初の初診時の的確な診断、治療方針をたてるのにより精密なレントゲンは不可欠です。
平面のレントゲンは被写体の影を見ているのでそこから100パーセント正確な位置関係はわかりませんが、これまで培った経験則や知識をもって診断すればほとんどの症例において適切な治療が可能です。しかも簡便に保険で撮影できますのでこれまでどおり、ほとんどの治療においてこれで十分なのですが...、中には3次元的な位置関係を把握しないと推測で治療を進めなくてはならず、そのようなケースで2次元的レントゲン情報だけで治療をすすめることは術者、患者にとって大変なストレスであり、患者にとっては術中に思わぬリスクを被る危険性もないわけではありません。そのようなリスクをいままで術者の腕とか臨床経験によって回避してきたわけですが、前もって3次元的な情報があればその必要もなくなります。  
1ヶ月経った今あらためて思い切って導入して本当良かったとしみじみ思います。
投稿者 中の橋デンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
東京マラソン
2月24日に行われた東京マラソン、皆さん中継見ましたか?
初めてテレビの前にかじりつきで見たのですが、東京中がすごい盛り上がりで
皆笑顔でゴールする姿は本当に感動的でした。
自分はハーフ以上の距離は走らないと決めていたのに、そんなことは忘れてしまいましたー。(汗)
かなりの倍率らしいので今年はエントリーだけはしてみようと思います。


投稿者 中の橋デンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ジルコニアセラミックについて
ジルコニア冠は非常に硬く割れにくい素材で陶材金属焼付け冠にかわり
これからの主流になっていく素材と思われます。
前小臼歯においてはジルコニアに陶材を焼付けたジルコニアセラミックが審美性
に優れており、臼歯では耐久性を重視して純ジルコニア冠がベストな選択でしょう。
投稿者 中の橋デンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
       
5