HOME>診療科目

歯周病治療

歯周病とは
歯周病とは、歯ぐきやあごの骨などの歯周組織の病気です。
虫歯と違い進行してもほとんど自覚症状がないため、 成人の歯の喪失原因の第1位にもなっています。

 

歯垢がたまり、歯茎に炎症が起こる。正しい歯磨きで予防が可能な段階。
歯と歯茎の間に歯周ポケットができ、歯根膜や歯槽骨が壊され始める。
口臭や歯がぐらつく。化膿して膿が溜まって腫れたり、出血がある。
歯槽骨がほとんどなくなり歯がぐらぐらする。やがて抜けてしまう。
歯周病をほうっておくと...

全身に悪影響を及ぼす可能性も!?

歯周病を放っておくと歯周病菌は口の中だけでなく、歯肉の毛細血管を通じて全身の各臓器へと広がります。つまり、歯周病は口の中だけの病気ではなく、全身の健康へも悪影響をおよぼす実はとても怖い病気なのです。

当院の歯周病治療
歯周病治療歯周病は早期発見、早期治療が肝心です。
しかし、歯周病は自覚症状がほとんどないまま進行していくので「痛くないから大丈夫だろう」では手遅れになってしまいます。
歯周病を早く見つけるためには、 やはり定期的に歯科医院で診てもらうのが一番です。
治療を開始する時点でのお口の状態などによって大きく異なりますので、いちがいにはいえませんが、 当院で歯周治療を行う場合、検査結果にもとづき、全体の治療計画を立てます。
その段階で治療にかかる日数や治療内容をおおよそ判断することはできます。
また、少しでも治療期間を短くするためにも根気よく計画通りに通院し、歯科医院での治療とあわせてホームケアをしっかりと行いましょう。