HOME>Q&A

Q&A

よくある質問
予約しないでも診てもらえますか?
はい、大丈夫です。
ただ予約の患者様優先なので少々おまちいただくことになります。(15~25分程度)
その時間に予約の患者様がいらっしゃらない場合、問診表を記入してもらう間にカルテを作成いたしますので待ち時間は7、8分ほどです。
小さな子供がいるのですが、連れて行っても大丈夫でしょうか?
基本的に平日昼間AM9時半~PM1時、PM2時半~5時くらいまでの時間帯であれば対応できます。
患者様の診療ユニットの前に座るスペースがあり、そこでお子様はママの治療の様子をじっと見ていますよ。
痛くない治療はできますか?
基本的に神経のある歯の治療はほとんど局部麻酔を使用するので治療中は痛くないです。
麻酔の注射をする前に表面麻酔(ゼリー状)を塗ったり一番細い針を使うなど工夫しています。
それでも痛いという方には本当に少しずつ麻酔液を注入する オーラスター という電動麻酔注入器の用意があります。
支払はクレジットカードでも可能ですか?
はい、可能です。
インプラントについて
インプラント治療は誰でも受けられますか?
年齢の上限はとくにございません。
いままで当院でインプラントをうけられた最高齢の患者様は78才です。
逆に若い方だと顎の骨の成長が終わる18歳頃から 治療を受けられるようになります。
インプラントは細菌感染を嫌いますので、歯周病のある患者様は、まず歯周病治療を行ない口腔内の細菌を少なくコントロールした状態でインプラント治療にのぞんでいただきます。プラークコントロールができるようになった後にCT撮影を行ない、骨密度や骨の状態(厚み、幅、高さ、硬さなど)を調べます。
そこで特に問題が見つからなければOKとなります。いままでの実績でいうと90%以上の方はOKとなりますが中には長期的な予後が望めないという理由でおことわりする方もいらっしゃいます。
他に妊娠中の方や全身疾患をお持ちの方は、 インプラント治療を受けられない場合がございますので、事前にお問い合わせください。 
インプラントはどれくらいもつものなのですか?
その後の手入れしだいになってきますので、一概に何年とお答えできないのですが、インプラント施術後最初の5年間良好に経過したものは、ほとんどのものがその後の5年間も良好です。施術後10年間あまり骨の状態に変化のなかったものに関してはさらにもう10年間の良好な状態のぞめるでしょう。特にインプラント上部構造を入れてからの3年間の定期的(3ヶ月おき)なメインテナンスは非常に大事になります。最低20年はもたせるように一緒にがんばりましょう。
インプラントの手術には入院が必要になりますか?
必要ありません。
親知らずを抜く程度のことをすると思ってくださって結構です。
インプラントの治療中または治療後に痛みや腫れはありますか?
治療中は十分に局部麻酔が効いてから始めますのでほとんど痛くありません。
それよりも少しながくお口を開いていることになりますので、場所によっては顎がすこしいたくなるかもしれません。
そういうときは休み休み行ないますので遠慮なく言ってください。
術後の痛みも1,2本ではほとんどないと思います。3本以上のばあい切開線が長くなりますので、縫合してある歯肉の痛みが多少あるかもしれません。しかし鎮痛剤が十分奏効する範囲のいたみなので、心配ありません。術後の腫れは2本以上のばあい少しでるでしょう。
これは骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成するわけですから身体の反応として当然です。
しかい他人が見て気づく大きさではありませんし、1週間程度でもとにもどります。
矯正歯科
矯正治療はいつ頃から始めたらよいですか?
矯正治療は骨格がまだ完成していない、永久歯が生えそろう時期にやるのが最良です。
個人差はありますが、できれば最後の乳歯が生え変わる小学校5,6年から遅くとも中学3年生くらいまでに間にやるのがいいでしょう。その間は治療期間も短く済みますし、歯の移動も速やかです。歯並びが完成してから骨格ができていくので後戻りも少ないです。
もちろん成人でも矯正治療は可能ですし2年程度の矯正治療で歯並びはきれいになりますが、骨格が完成している成人だと歯のあともどり(歯並びが元にもどってしまうこと)を起こしやすくなりますので、保定期間(歯並びが動かないように観察している期間)はやや長め(3年程度)になります。
すきっ歯をキレイに矯正することは可能ですか?
可能です。
矯正だけを使ってできるかどうかはみせていただかないとわかりませんので
無料相談(20分、予約03-3637-2811)をご利用ください。
上下とも全て矯正するとなると、期間はどれくらいかかりますか?
矯正は大きくわけて、
①(歯を動かす) 動的治療期間 と、②(きれいにならんだ歯をうごかないように保定観察する)保定期間(リテーナーの使用と定期的なメンテナンスのみ) に分かれます。
両方合わせると3年半から5年といことになり、かなり長くなりそうですが、保定期間はあくまで
メンテナンスですので患者様にとっての実質的な期間は動的期間のおよそ2年ということでいいと思います。

ジュニア矯正(中学生以下)
動的治療期間    1年半~2年
保定期間     およそ2年

成人矯正(高校生以上)
動的治療期間    およそ2年
保定期間     およそ3年






審美歯科
PMTCで歯は白くなりますか?
PMTCで歯は白くなりますか?
PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科医師、歯科衛生士などの専門家により、さまざまな器具とフッ素や研磨剤の入ったペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)や、着色汚れ(茶しぶ、ステイン)を除去する方法です。
汚れを除去することによって、歯面本来の白さに戻すことはできますが、それよりも白くすることはできません。
しかしながら通常歯の表面の汚れは何らかの形でついているものなので、PMTCをおこなった後は白くなった印象をあたえると思います。
かぶせ物をしたらむし歯にならないのですか?
かぶせ物は歯を削った後、型取りし、模型上で作製したものをセメントでかぶせますので
当然歯とかぶせ物の境界線(マージン)が存在します。残っている歯質とその境界線付近は
むし歯や歯周炎になる可能性は当然ありますので、治療してかぶせ物をいれたらキチンと磨かなくてはなりません。
長持ちさせるにはその上に、定期健診をマメにうけることが大事になります。
かぶせ物はどれくらい持ちますか?
白い歯の部分は強化プラスチックや強化ガラスで作りますので材質的な限界はあります。
何をしても割れないということではありません。固いものを噛んだ場合など使い方によっては5年以内でも割れる可能性はあります。
しかし医院によるメンテナンスをしっかり行い、最適な条件下で使用されれば長期(10年)にわたりもつことも十分に期待されます。それを積み重ねれば、さらにもつことももちろんあります。

それよりもかぶせ物をするときは歯の神経を取っていることがおおいので、歯質が弱っていることが多く、もしかぶせ物の中の歯質がむし歯になったり歯が割れていても気づかないことが多くあります。かなり進行してしまっていると歯を失う原因になりかねませんので、必ず定期健診を受けて少しでもおかしなところがあればすぐに診てもらいましょう。
保険診療との違いは何ですか?
保険診療は保険が適用されるため、費用が自由診療に比べ安価ですが、保険のルールに則って治療することが求められます。
たとえば前歯なら硬質レジン前装冠(メタルとプラスチックの複合冠)
奥歯ならかぶせ物は銀歯というようにです。もちろんこの方法が患者様が好むものであればこの上ない治療法です。しかし、患者様が好まれない場合、無理に保険でやるわけにはいきません。
その点、自費診療は保険が適用されないため費用が高いですが、質の高い患者様に求める素材を選ぶことで機能性も審美性も優れた仕上がりにすることができます。

歯周病治療
歯磨きをしっかりしていれば歯周病になりませんか?
ならない、と断定はできません。
予防や、進行の抑制として歯磨きはとても大切ですし、しっかりと磨いていれば歯周病になりにくいのは確かですが、歯磨きのやり方にもいろいろあり、虫歯になりやすい部位を磨く方法や、歯周病にかかりやすい部位を磨く方法など様々にあります。
そしてどんなに歯磨きの上手な方でも、100%に磨くことはとても難しいと言われています。
ですので、ほんの少し磨き残した歯周病菌によって歯周病にかかってしまう人もいます。
歯周病は他人にうつりますか?
歯周病は原因菌による感染症ですので、うつる可能性はあります。
食べ物の口うつしなど、お口の中を介して行う行為でうつることがあります。
特に近親者の間では同じ遺伝子の歯周病菌が検出される頻度が高いです。
ですが、感染して移ったとしてもその菌がお口の中に定着するかどうかは、その人の抵抗力や歯ブラシのやり方によって違ってきますので、過度に心配をしなくても大丈夫です。
煙草を吸っていると歯周病が悪くなりますか?
はい、悪くなります。
喫煙は歯周病のリスクを高める第一因子です。
吸っている本数が多かったり、喫煙の年月が長ければ長いほど
歯周病に与える影響が多いです。
タバコは歯を支える組織(歯周組織)にたいして害にしかならない上、
歯や歯茎を変色(黄ばみ)させてしまいます。
残念ながら歯に対していいことは一つもありません。
自分の意思でやめられるひとはすぐやめましょう。
どうしてもやめられない人は、歯周病メインテナンスの間隔を
短くしてください。